トレードすべき時間帯とは?

トレードすべき時間帯とは?

FXは24時間トレードすることが可能です。

しかし24時間の中でも相場が動く時間それ以外の時間があり、常に同じように動いているわけではありません。

この2つの差を理解し、トレードすべき時間帯にトレードし、それ以外の時間には休憩するなどして、効率のいい取引ができるようにしましょう。

相場が動く時間

相場が最も動く時間は日本時間の20時~25時ぐらいといわれています。
この時間に相場が動く理由は、ロンドン市場、NY市場での経済指標が発表される時間だからです。

また9時55分ごろには仲値の発表があるので10時前後は東京市場のメインの時間といえます。

それ以外の時間

それ以外の時間に関しては基本的にはほとんど動かないと思っていただいてかまいません。

しかし突発的なニュースなどで大きな変動がある場合もあるので注意しましょう。

「動く時間」にトレードする

トレードすべき時間帯とは、相場が動く時間帯です。

理由としては、そもそも相場が動かないと話になりません。
また相場が動いている限られた時間だけ集中することでミスを最低限にし、効率よくトレードすることができます。

逆に動かない時間にトレードしてしまうと、ダラダラする相場に集中力が切れ、無駄な損失を生むことにつながります。
なので限られた短い時間の中で集中してトレードするように心がけましょう。

おすすめ記事