知らなければいけないFXの4つのリスク

知らなければいけないFXの4つのリスク

FXには様々なリスクが存在します。
リスクについてしっかりと理解できているか、認識できているかどうかはとても重要なことです。

初心者の方はもちろん、上級者の方も見落としているリスクがあるのではないでしょうか?

為替の変動によるリスク

為替の変動によるリスクで一番気をつけていただきたいのは、短期間で大きく変動する場合です。
予想通りに動けばなんの問題もないのですが、予想に反した場合多額の損失につながります。

「いつ大きく変動するかなんてわからない・・・。」

そんな方は経済指標を逆に使いましょう。
経済指標とは、簡単に説明すると「各国の政府が発表する、経済状況を数値化したもの」です。

経済指標が発表されると短期間で大きく為替が変動する可能性があります。
特に毎月第1金曜日21:30に発表されるアメリカの雇用統計では、実際に見てもらったほうが早いとは思いますが、短期間でかなり大きな変動があります。

経済指標とはこうした動きのある時に大きな利益を狙うためのものですが、それを逆に使い、経済指標の発表がない時に取引すればいいのです。
もちろん100%の確率ではありませんが、短期間での為替の大きな変動によるリスクを最小限に抑えることができます。

初心者の方は慣れるまでは絶対に、為替が大きく変動する時に取引するべきではありません。
なので経済指標の発表があるかどうかを確認し、ない場合は取引を、ある場合は「」にまわるのもいいと思います。

金利の変動によるリスク

金利は支払わなけらばいけなくなる場合があります。

スワップ金利は各国の経済状況で日々変化します。
なので金利をもらえると思ってポジションを保有していても、マイナス金利になれば金利を支払わなくてはいけません。

なので金利目的で取引する際には十分注意しましょう。

オンラインによるリスク

FXの取引ではオンラインによるものがほとんどです。
なので取引で使うスマートフォン、パソコンの故障などで決済したい時にできなくなる可能性があります。
その場合には大きな損失につながる可能性があります。

なので取引中はスマートフォンの充電などにも気を配りましょう。

FX会社によるリスク

FX会社にも破綻する可能性があります。
破綻した場合には、預けた資金が戻ってこなくなる可能性があります。

現在ではほとんどのFX会社で信託保全が導入されていますし、破綻する可能性もとても低いと思われますので、そこまで気にすることではないかもしれませんが、信託保全は義務付けされているわけではありません。
なのでFX会社を選ぶ際には、破綻した場合のことについても頭の片隅に入れておきましょう。

おすすめ記事