為替レートの読み方

為替レートの読み方

みなさんニュースでこのようなことを聞いたことがあるのではないでしょうか?

「現在の東京外国為替市場は1ドル108円25銭から28銭で取引されています。」

これは現在の為替レートを発表しているのです。
今までは聞き流していたかもしれませんが、FXで取引するには理解しておかなくてはいけません。

2WAYプライスとは?

為替レートは2つのレートが表示されます。
このような表示方法を2WAYプライスと呼び、安い方が売値、高い方が買値となります。

そして売値と買値の差のことをスプレッドと言います。

スプレッド=コスト

仮に為替レートが売値が110.482、買値が110.485だとすると、「売り」もしくは「買い」をした時点で、売値と買値の差額の0.3銭マイナスからのスタートになります。

このスプレッドと呼ばれる部分がFX会社にとっての利益となります。
しかしトレーダーからするとマイナスからのスタートになるので、スプレッドが狭ければ狭いほど有利になります。

スプレッドはFX会社が独自に決めるものなので、各FX会社によって異なります。
なのでコストを抑えたい方は、各FX会社のスプレッドを比較してみましょう。

おすすめ記事