為替の変動要因とは?

為替の変動要因とは?

為替が変動するのには必ず理由があります。

1つの出来事だけで変動しているわけではありませんが、重要な変動要因はおさえておいたほうがいいでしょう。

経済指標の発表

経済指標は毎日どこかの国で発表されています。
経済指標は事前に予想されていて、その予想に対して良いか悪いかで為替が変動します。

代表的な経済指標はアメリカの雇用統計です。
雇用統計の発表の際には大きく変動するので気をつけましょう。

要人発言

各国の要人の発言は為替に変動をもたらします。

日銀総裁やFRB議長、ECB総裁の注目度が高いです。

金利の変動

金利は常に同じではありません。
定期的に各国の政策金利が発表されます。

そしてその金利の変動の際には、為替も変動します。
金利が高くなった国の通貨は為替が上昇しやすく、金利が低くなった国の通貨は為替が下落しやすい傾向があります。

テロや戦争

テロや戦争が起きた際には、その国の通貨は下落しやすい傾向があります。

また、その国と親密な国などもあおりを受けることがあるため注意しましょう。

おすすめ記事