レバレッジとその怖さとは?

レバレッジとその怖さとは?

レバレッジとは資金に対してどれだけの外貨を取引できるかというものです。

日本のFX会社の個人口座では最大25倍のレバレッジをかけることができます。

2010年に規制がかけれるまではそれ以上のレバレッジをかけられるFX会社がたくさんありました。

レバレッジとは?

レバレッジとは「てこの原理」のような意味で、証拠金を担保にして、その資金の何倍もの金額を取引できるというものです。

例えば、4万円の資金があったとします。
その4万円を証拠金にレバレッジを25倍かけたとすると、

4万円×25倍=100万円

となり、100万円分の取引をできるということになります。

レバレッジは本当に怖いのか?

確かに高いレバレッジをかけることは安全ではないと思います。

最大25倍というのは日本での話なので、外国のFX会社ではもっと大きなレバレッジをかけることができますし、100倍や200倍、500倍なんかのFX会社もあります。

1万円しか資金がない人が500万円分の取引をするのであれば危険なのは間違いありません。

しかしハイレバレッジでも使い方によってはメリットをもたらしてくれます。

レバレッジを味方につける

先ほど説明したように、使い方によってはメリットもあります。

そのメリットとは、少額でも大きな利益を出すことが可能ということです。
単純に考えると、レバレッジを25倍かければ利益も25倍になるということです。

しかし逆に言えば、損失も25倍になるということなので、あくまで自分にあった金額で取引するということを前提にレバレッジをかけるようにしましょう。

おすすめ記事