FX Information

FXとは?

FXについての必要な知識を簡単に紹介!

FXとは?

FXとは外国為替証拠金取引(Margin Foreign Exchange Trading)の略であり、外国の通貨を売買することで、損益が発生する取引のことを意味します。

FXの簡単な仕組み

FXは2国間の通貨を売買し、その為替差益を得ること指します。

例えば、円とドルを取引する時、「1ドル=100円」だとします。
この時、100ドル買うとします。「100ドル=10000円」です。

その後円安で「1ドル=110円」になると「100ドル=11000円」になり、1000円得をします。
逆に円高で「1ドル=90円」になった場合、「100ドル=9000円」になり1000円損をします。そのため、「安く買い、高く売る」もしくは、「高く売り、安く買う」ことができれば利益を出すことができます。

このように2国間の通貨を意図的に売買する仕組みがFXです。

利益の種類

FXで損益を出す方法は、大きく分けて2通りあります。「為替レートの変動による損益」と「スワップポイントによる損益」です。その2つを簡単に紹介します。

為替レートの変動による損益

「為替レートの変動による損益」とは、先ほど説明したように、2国間の通貨を意図的に売買することで為替差益を得ることをいいます。
なので、「安く買い、高く売る」もしくは「高く売り、安く買う」ことができれば利益を出すことができます。
逆に、「高く買い、安く売る」もしくは「安く売り、高く買う」と損することになります。

スワップポイントによる損益

2国間の通貨を取引した際に発生する金利差のことをスワップポイントといいます。
「金利の安い通貨を売り、金利の高い通貨を買う」とスワップポイントがもらえます。
逆に、「金利の高い通貨を売り、金利の安い通貨を買う」と、スワップポイント分損をします。

スワップポイントは、その通貨を保持し続ける限り毎日計算されますが、コツコツ損益を出す為、長期の運用に向いています。
スワップポイントはFX会社ごとに異なるので、スワップポイント狙いで長期運用される方は、FX会社を比較してみてください。

取引することによりかかるコストとは?

FXを取引するとコストがかかってしまいます。
1つは、「スプレッド」というものです。
もう1つは、「取引手数料」です。その2つを簡単に紹介します。

スプレッドとは?

各通貨の価格を見てもらえば、2種類の金額が提示されていることが分かるとおもいます。

「売値(ask)」とは、売るときの価格。
「買値(bid)」とは、買うときの価格です。

この「売値(ask)」と「買値(bid)」の価格の差のことを「スプレッド」いいます。
FXで取引するには、1回の取引ごとにスプレッドを支払わなければいけません。
なので、スプレッドの小さいFX会社を選ぶことで、無駄な出費を抑えることができます。

取引手数料とは?

取引手数料とはその名の通り、取引するときにかかる手数料のことをいいます。
取引手数料は「1回の取引につき〇〇〇円」として計算されるので、「買い」と「売り」で別々に手数料がかかります。
なので取引する時には、「注文」と「決済」の計2回の取引手数料がかかることになります。
しかし現在では、インターネットでの取引で手数料をとる会社はほとんどありません。

口座選びのポイント

口座はどこのFX会社でもいいわけではありません。
FX会社によって様々な特徴、メリット、デメリットがあるため、自分の取引スタイルにあったFX会社を選ばなくてはなりません。
なにを基準に決めたらいいのか分からない方のために、FX会社を選ぶときに見ておきたいポイントをまとめました。

最低取引通貨単位の低いFX会社を選ぶ

FX会社によって最低取引通貨単位は異なります。
最低取引通貨単位とは、「取引する際に、最低でもこの通貨単位以上の通貨単位で取引してください。」というものです。
初めてFXを取引する方が高額な金額をやりとりするのは大変危険です。
なので、最低取引単位の低い会社を選びましょう。

デモトレードがあるFX会社を選ぶ

FX会社によって無料でデモトレードが利用できるところがあります。
デモトレードを使用することによって、チャートの見方、各機能の使い方、取引した際にでる損失額などがわかるので、初めて取引される方におすすめしたい機能です。

キャンペーン中のFX会社を選ぶ

口座開設する際にキャンペーンで特典がついてくるFX会社がたくさんあります。
このキャンペーンを利用することで、お得にFXを始めることができます。