そもそもFXとは?

そもそもFXとは?

FXとは「Foreign Exchange」の略で、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。

円やドル、ユーロなどの外国通貨を売買し、この差益や金利を目的とした金融商品です。

24時間取引できる

取引時間が9:00~15:00の株式市場とは違い、外国為替市場は常に世界のどこかで開かれています。

よって、24時間の取引が可能になります。(土・日・祝日は取引されていません。)

少ない資金で取引できる

FXにはレバレッジというものがあり、証拠金を担保にして最大25倍の金額を取引することができます。

たとえば4万円あれば100万円分の取引をできるということです。

金利収入がある

FXは差益での利益だけではなく、金利でも利益を出すことができます。

ポジションを保有している限り、毎日
スワップ金利
というものがもらえます。

しかしマイナス金利の場合は逆に支払わなくてはならなくなるので注意しましょう。

「売り」から入ることができる。

買い」からだけではなく、「売り」から入ることもできます。

なので安くなるまで待つ必要などはなく、常に利益を出すチャンスがあるということです。

おすすめ記事