勝ち続けるためにとるべき行動

勝ち続けるためにとるべき行動

FXで勝ち続けるためには、テクニカルやファンダメンタルズだけ勉強すればいいというものではありません。

勝ち続ける人」の行動と「負け続ける人」の行動にはやはり違いがあります。

この2つを知り、どういう行動をとればいいのかを理解しておきましょう。

「いつか戻るだろう」

トレードしたことがある人のほとんどがそう思ったことがあるのではないでしょうか?

いつか戻るだろう」は負ける人の行動です。

確かに、相場というのは上がったり下がったりを繰り返しながら動いているので、実際に戻ってくることはよくあります。
しかし戻ってくる保障などはどこにもありません。

「いつか戻るだろう」

含み損が大きくなる

「まだ大丈夫」

さらに含み損が大きくなる

「今更損切りできない」

強制決済

このような流れになってしまうと、1発退場もあり得ます。

なので「いつか戻るだろう」は絶対にやめて「含み損が○○pipsになったら損切りする」など自分にあったルールを決めておきましょう。

トレード後の行動

人間の心理というのは勝つと調子に乗り、負けるとヤケになるような傾向があります。

勝ち続けると調子に乗っポジション量を多くするようになり、負け続けてもヤケになってポジション量を多くするようになります。

このように無計画にポジション量を変えるのは大変危険なことです。
ポジション量の変更についても自分にあったルールを作っておきましょう。

勝ち続けるためにとるべき行動

いま説明したように自分のルールを作ることは「勝ち続ける」には必須のことです。
しかし「自分の作ったルールを守る」というのが意外と難しいのです。

「勝ち続けている人」とは地道な作業をぶれずにできる人です。

自分でルールを作り、負けた場合には冷静になってルールを作りなおす。
そのような行動をとれるようになれば、「勝ち続けられる人」に1歩近づけるのではないでしょうか。

おすすめ記事