もしもFX会社が破綻してしまったら

もしもFX会社が破綻してしまったら

FX会社によって信託保全には違いがあります。

信託保全とは、仮にFX会社が破綻した場合でも預けた資産が守られる仕組みのことをいいます。

今では信託保全の導入が当たり前になっていますが、気を付けないといけない点もあります。

義務化されているわけではない

FX会社では分別保管することは義務化されています。

分別保管とは、顧客が預けたお金をFX会社の資産と分けて保管する制度のことです。

分別保管は義務化されていますが、信託保全は義務化されていないので注意しましょう。

全額守られるわけではない

「このFX会社は信託保全を導入しているから安心。」

そう思った方は要注意です。
というのも、信託保全にもいろいろな種類があり、守られる資産の割合などに違いがあります。

なので信託保全を導入しているからといって安易にFX会社を決めるのはやめましょう。

信託保全の内容を知る

信託保全の内容は各FX会社のサイトに記載されています。

ただ、曖昧にしか記されていないFX会社もあるようです。
その際には、問い合わせをする、もしくはFX会社を乗り換えるなどの対策をとるようにしましょう。

おすすめ記事